30年度 定例会

日  時 概   要

 4月12日(木)
18:15~19:30

佐賀商工ビル7F 
市民活動プラザ 
中会議室(D,E両室)

 

 

 

 

 

 

 

講師:本間雄治氏(NPO法人みなくるSAGA理事)

演題:「広滝発電所に関する新発見」

 

●明治41年に城原川上流に完成した九州電力の広滝第1発電所は、城原川ダムの満水時には水没することになっています。広滝発電所は、チッソ水俣、旭化成、積水ハウスなどを作った実業家野口遵(ノグチシタガウ)が川内川に作った曽木発電所に続いて、城原川に建設したものです。肥前さが幕末維新博覧会にあわせて数十年ぶりに内部が公開された広滝第1発電所に関して新たな発見があったそうです。
●佐賀の近代化に貢献し、城原川ダムで使命を終えようとしている広滝発電所をとおして維新以後の近代化の一端を学びたいと思います。

 

※今回の会場は、通常のMIZ研究所ではありませんので、ご注意ください

   
   
   
   
   
株式会社ミズ のご協力により、毎月、MIZ P-CSR研究所にて定例会を開催しています。